記事一覧

日時の書き方

メールで約束の日時を伝えるとき時々間違えることがあると思います。間違いを防ぐために、日付には曜日を加えるといいでしょう。
たいていカレンダーを見て日付を書くと思いますが、週を間違えることはよくあると思います。日付だけや曜日だけよりも二重にチェックが入りますので、間違えた場合、お互いに気がつきやすいです。

時間は24時間表記は避けたほうがいいです。たいてい人は12時間表記で時間を捉えていますし、中には24時間表記と12時間表記の変換がパッと浮かばない方もいます。常識的には午前午後は付けなくてもビジネスでのアポは普通昼間だとは思いますが、たまにそこを突っ込んでくるかたもいますので、午前と午後も明確に書いたほうがいいでしょう。朝とか夕方という表現でもいいと思います。

例)
それでは6月23日(火曜日)午後2時にお伺いします。
次の水曜日(24日)夕方5時頃にお伺いします。

Windows 10発表

昨日からこんなアイコンが出ているのに気がついていませんか?

ファイル 122-1.jpg

開くと

ファイル 122-2.jpg

Windows 10が正式発表になりました。7月29日発売。
なお、この日からWindows 7 SP1ユーザーとWindows 8.1 Updateユーザーに限り1年間無料バージョンアップができます。
Windows 7でもSP1をインストールしていないかた、Windows 8や8.1でも最新のUpdate(SPのようなもの)をしていないかたは対象外です。これらは今でもできますのでやっておいてください。

Windows 10へのバージョンアップはWindows Updateと同じやり方で行われます。特にメディアを入手したりとかはしません。
気になる現OSとの互換性ですが、今のところ未知数です。私はいち早くバージョンアップしますので気づいたことがあればお知らせします。
お仕事でパソコンを使っているかたはしばらく見合わせた方がいいと思います。予約だけしても実際にインストルするかどうかは任意です。数ヶ月もすれば評価が出ると思いますのでそれからでも遅くありません。

APCが嫌いな理由

無停電電源装置(UPS)のは海外メーカーのAPCがよく使われています。しかし私はこの製品が嫌いです。

シャットダウンソフトが使いにくいとか、ハードウェア的に細かな設定ができないとかいろいろありますが、最大の理由はサポートです。
トラブルや修理に関するメーカーへのコンタクトは販売店からは一切できないようになっています。
つまり、納品したものにないして販売店が責任を持ってサポートすることができないということです。

メーカーとしてはトラブルの原因を把握するために実際の使用環境を理解しているエンドユーザーと直接やりとりをしたい、ということだと思いますが、すべてのお客さまがそんなことできる訳ではありません。そういうのが面倒だからこそ、うちから購入していただくのですが。

その点、オムロンは国内メーカーだけあってそういうことはありません。製品自体も優れていますしここ数年はUPSはすべてオムロン製にしています。同じようなことはAppleにも言えます。海外合理主義は日本にはなじまないといういい例だと思います。

夏モデルが遅い

例年なら5月の連休明けに一斉に発表となるパソコンの夏モデルがまだ出てきていません。
思うにWindows 10の発売と関係があるのではとにらんできます。
Windows 10は今までは2015年秋以降とされていましたが、2015年の夏に繰り上げられたことが決定になりました。
ただ、まだ明確な発売日が決まっていないので、それを待ってからの各社一斉の夏モデル発表になるのではと推測しています。
不評のWindows 8ですが、これを機にパソコン市場も盛り上がって欲しいです。

GoogleのサービスにはChome

ファイル 119-1.jpg

パソコンで使うブラウザはInternetExplorer(IE)を使っている人が多いと思います。
しかし、Googleのサービスを使うときにはGoogle Chomeを使ってみてはいかがでしょうか。IEではできない機能ができたりします。例えばGoogle Map。Earthモードが使えるようになり斜めから俯瞰して見えるようになります。
他にもあると思います。とりあえずMapやGmailとかYoutubeを見るときはChomeを使ってみてはいかがでしょうか。

フィッシングメール

ファイル 118-1.jpg

こういうメールが来ます。

突っ込みどころが満載です。

・差出人のメールアドレスが企業らしくない
・ビジネスメールで出だしに「こんにちは!」はない
・リンク先アドレスが怪しい

そもそも私はこの銀行に口座を持っていませんので怖いもの見たさで押してみました。リンク先が見つかりません。もしかしたらセキュリティ対策ソフトがブロックしているのかもしれません。
しかしクリックしたことで遠隔操作用のソフトを組み込まれこともあるのでやらないほうがいいです。

でもこんな幼稚なメールに引っかかる人がいるのも不思議です。

恐ろしいランサムウェア

ランサムウェアという脅威があります。「CryptoLocker」とか、「CryptoWall」という名前で出回っています。
感染するとPC内のファイルが暗号化されて開けなくなります。フォルダ内に脅迫文のようなPDFや画像ファイルやテキストファイルが置かれ、開くと身代金を要求するような文面が書かれています。払うと暗号化を解いてくれるようですが、犯罪者に屈することになります。
予防策としては
・ウイルス対策をしっかりする
・JAVA、Adobe Reader、Flashは最新にする
・Windows Updateはちゃんと行う
・怪しいメールは開かない
・怪しいサイトは開かない
・ファイルのバックアップやPCのシステムバックアップをまめに行う
というところだと思います。
自力でデータを復活させることは不可能です。十分お気を付けください。

階層は深くしないで

ファイルを整理するとき、フォルダの中にフォルダを入れて、そのまたフォルダにフォルダを入れる、というのを延々と繰り返して整理されているパソコンを見受けることがあります。
そうなると管理がかなり不便。自分でも探せなくなると思いますし、コピーや削除の必要が出てきたときにできなくなるということがあります。
Windowsはフォルダ名も含めて256文字以上のファイルを扱えません。最階層にあるファイルのパス名はいつの間にか256文字を越えることがあります。こうなってしまったファイルはフォルダごとまとめてコピーや削除ができません。
そのあたりを考えてあまりフォルダの階層を深くするのは避けた方がいいと思います。

さらに敷居を上げたOffice Premium

Microsoft Office Home and Business 2013にPremiumというエディションがバンドルされるようになりました。
付かないものはただプロダクトキーを入れればそれで使えるようになりましたが、今度は必ずマイクロソフトアカウントが必須になります。いろいろ試しましたがスキップはできません。Windows 8.1はスキップできたんですが。
ただワープロだけ使いたいという人にとってこれはハードル高いです。メールアドレス持っていない人はなにか捨てアカウント作って登録するしかないのでしょうか。幸いなことにアカウント登録の時、認証のためのメールは送られなくなったらしいです。ちょっとは敷居下げてくれたのかもしれません。

Vistaは終わっていなかった

以前この記事でWindows Vistaのサポートが終了していたと書きましたが、正しくありませんでした。

http://www.zcosmos.co.jp/diarypro/diary.cgi?no=63

延長サポートはまだ続いており、あと2年は使えます。
ついでに他のOSのサポート日程も載せましたので参考にしてください。

ファイル 114-1.jpg