記事一覧

Vistaはもう終わっている

Windows Vistaのサポート期限が気づいたらもう終わっていました。

Windows Vista Ultimate
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Home Basic

この3つは4月11日で終了しています。
Professionalはあと5年あります。
しかし、あまり話題にならなかったのでよほどマイナーなOSだったのでしょうか。
大学等、セキュリティに厳しいところでお使いの方はお気を付けください。

押しつけないで欲しい

Skypeのアップグレードがあるというのでやってみました。
あっと思ったのですが、一緒にBing Barというものまで入ってしまいました。
そうしたらブラウザで最初に起動するページまで勝手にMSNになってしまいました。
スタートアップページはみんな好きなものに設定しています。
勝手に変えないでくれませんかね。
ツールバー的なものもきらいなので速攻でアンインストールしました。
最近こういう押しつけが多いので困ってしまいます。

速いパソコン、遅いパソコン

パソコンをおすすめするとき、パソコンは遅くても構わないよ、という方がいます。特に年配の方に多いです。
ちょっと待つくらい構わない、というのが理由のようですが、速いパソコンは計算速度が速いのがメリットというだけではありません。使っていてストレスがないこと。これが一番重要です。
例えば、何かの処理スピードが1分から2分になったところでそれほどストレスはないですが、何かをクリックしたときの反応が0.5秒と1秒では結構ストレス感じると思います。よく言われる、ブラウザを開いたときに画面が出るのがちょっと遅い、というのがそれです。
ですので、快適にパソコンを使いたいと思ったらやっぱり多少は高くても性能のいいパソコンを選ぶべきです。

どうも怪しい

Appleを名乗るメールで「Apple ID パスワードの再設定方法。」というのが来ました。
我が家はiPadと娘のiPhoneと同じApple IDを使っていますが、娘がパスワードを入れようとして間違ったために言ってきたのかな、と思います。つまり、第三者が不正アクセスしようとしていると判断したのでしょう。やたらに変えると自分でわからなくなるので放置しました。
しかし、見方によっては簡単にパスワードを盗むことができる方法です。よくApple Storeで不正に使われたという話を聞きますが、こういう方法なのかもしれません。自分でパスワード変更の依頼を出さないのに来るこういうメールは要注意です。

兆候あり

一ヶ月ぶりの更新です。年度末は忙しくてなかなか更新に手が回りません。

ハードディスクが壊れるときは突然死することは滅多にありません。必ず兆候があります。

・起動が遅くなる
・動作が遅くなる
・使用中にいきなり止まる
・起動するときとしないときがある
・周期的なカクンカクンという音が発生する

などです。

この時点ではまだデータ取り出しが可能です。しかしこのまま放置しておきますと確実に完全に読めなくなってしまいます。
そうなりますと通常ではデータ復旧は不可能です。特別な設備を持ったところのデータ復旧サービスで、ある程度取り出せることもありますが、高額な料金がかかります。また100%復旧できるわけではありません。

普段からのバックアップと、兆候が現れたら早めの診断の依頼をお願いします。

Windows 7で共有

Windows 7でファイルやプリンタを共有したいとき、うまくいかないことがあります。
コントロールパネル→ネットワークと共有センター→左側の「共有の詳細設定の変更」を開きます。
ここの「パスワード保護共有」がデフォルトで有効になっていますので、これを無効にします。
これでファイル共有やプリンタ共有ができるようになります。

有効なアプリケーションではありません

ソフトをダウンロードして実行しようとしたら「「○○は有効な Win32 アプリケーションではありません」というエラーが出ることがあります。
ファイルのサイズを見ると実際のサイズより小さいと思います。ダウンロードが失敗している可能性があります。
ブラウザの一時ファイルをクリアすることで直ることがありますのでお試しください。

冬は壊れやすい?

パソコンは冬に壊れやすい…とのことですが。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/ecoten/post_14318

実感としては確かに夏は多いです。冬はこちらは乾燥するということはないので特に増えるという実感はないですね。
ただ、若干あるのが異音が出ること。これは寒いとCPUファンなどの回転が堅くなりそれがからからと音を出すというものです。壊れる前兆かと驚くのですが、少し温度があがればすぐに止まります。
それからレーザープリンタ。寒いとことに急に暖房を入れて結露すると印字にムラが出ます。これも暖まればなくなります。
冬に壊れやすいというのは乾燥地帯の地域的なものかもしれません。

Windows XPからWindows 7へ

Windows XPからWindows 7へ環境を保ったままでのアップグレードは正式にはサポートされていません。新規インストールとなります(データのみは保存されます)。
しかし、Windows Vistaからは7にアップグレードできるので、XP→Vista→7という手順を踏めばXPから7へのアップグレードインストールが可能です。
先日新規にパソコンを購入したお客様に行ったのですが、思いがけなく苦労したのでその顛末を書いてみたいと思います。

通常は次のように行います。

1)旧PCのハードディスクを新PCのハードディスクに丸ごとコピー
2)新パソコンでXPをin-place upgradeする。いわゆる上書きインストール
3)新PCでXPが起動したらVistaにアップグレード
4)Vistaから7にアップグレード

しかし、てこずりました。
まず、丸ごとコピーしたハードディスクが新PCで起動しない。ハードディスクリカバリするPCだったので、ブートセクターに細工がしてあり、そこで止まってしまいます。
そこで先頭のブート用パーティーションやリカバリエリアは無視してOSのパーティーションのみのイメージを作り、それだけを新PCのハードディスクの先頭にコピー。
これで起動はできるようになりました。しかし、ハードウェアが大きく変更になったのでログオン前にライセンス認証を求められます。ライセンス認証用のプログラムが壊れているらしく、認証ができません。セーフモードではログオンできますが、Vistaへアップグレードはセーフモードではできません。かといって、ライセンス認証もセーフモードではできないようになっています。どうがんばってもこれは回避できないようです。
そこで旧PC上でVistaにアップグレードすることにしました。原本をいじりたくないので、少し大きめの作業用ハードディスクに旧PCの中身を丸ごとコピー。それで起動後Vistaにアップグレードします。Vistaはプロダクトキーを入れなくても30日間は起動できます。
このハードディスクのOSイメージのみ前述のように新PCにコピーします。これでなんとか新PCでVistaが起動できました。
VistaはSP1以上でないと7へのアップグレードができないのでSP1をインストールします。これでやっと7へアップグレードできました。

できたらXPからのアップグレードはしないで新規に7にすることをおすすめします。XPでの不具合を引き継ぐことがあるからです。しかし、XPに入れてあったソフトをそのまま使いたいとか、環境を整える手間とかを天秤にかけて、アップグレードのほうがメリットあると思ったらそちらでもいいかと思います。

LANポートのショート

あまりないとは思いますが、まれにハブのLANポートにケーブルの両端を差し込んで気がつかないことがあります。
そうなると信号が衝突してしまい、ネットワーク全体がおかしくなってしまいます。
ただ、まったくつながらないのではなく、時々つながったりするので原因を探るのにやっかいです。ネットワークが広大だと見つけ出すのに大変骨が折れます。
くれぐれもLANケーブルの両端を同じハブのポートには差し込まないように。