記事一覧

兆候あり

一ヶ月ぶりの更新です。年度末は忙しくてなかなか更新に手が回りません。

ハードディスクが壊れるときは突然死することは滅多にありません。必ず兆候があります。

・起動が遅くなる
・動作が遅くなる
・使用中にいきなり止まる
・起動するときとしないときがある
・周期的なカクンカクンという音が発生する

などです。

この時点ではまだデータ取り出しが可能です。しかしこのまま放置しておきますと確実に完全に読めなくなってしまいます。
そうなりますと通常ではデータ復旧は不可能です。特別な設備を持ったところのデータ復旧サービスで、ある程度取り出せることもありますが、高額な料金がかかります。また100%復旧できるわけではありません。

普段からのバックアップと、兆候が現れたら早めの診断の依頼をお願いします。

Windows 7で共有

Windows 7でファイルやプリンタを共有したいとき、うまくいかないことがあります。
コントロールパネル→ネットワークと共有センター→左側の「共有の詳細設定の変更」を開きます。
ここの「パスワード保護共有」がデフォルトで有効になっていますので、これを無効にします。
これでファイル共有やプリンタ共有ができるようになります。

有効なアプリケーションではありません

ソフトをダウンロードして実行しようとしたら「「○○は有効な Win32 アプリケーションではありません」というエラーが出ることがあります。
ファイルのサイズを見ると実際のサイズより小さいと思います。ダウンロードが失敗している可能性があります。
ブラウザの一時ファイルをクリアすることで直ることがありますのでお試しください。

冬は壊れやすい?

パソコンは冬に壊れやすい…とのことですが。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/ecoten/post_14318

実感としては確かに夏は多いです。冬はこちらは乾燥するということはないので特に増えるという実感はないですね。
ただ、若干あるのが異音が出ること。これは寒いとCPUファンなどの回転が堅くなりそれがからからと音を出すというものです。壊れる前兆かと驚くのですが、少し温度があがればすぐに止まります。
それからレーザープリンタ。寒いとことに急に暖房を入れて結露すると印字にムラが出ます。これも暖まればなくなります。
冬に壊れやすいというのは乾燥地帯の地域的なものかもしれません。

Windows XPからWindows 7へ

Windows XPからWindows 7へ環境を保ったままでのアップグレードは正式にはサポートされていません。新規インストールとなります(データのみは保存されます)。
しかし、Windows Vistaからは7にアップグレードできるので、XP→Vista→7という手順を踏めばXPから7へのアップグレードインストールが可能です。
先日新規にパソコンを購入したお客様に行ったのですが、思いがけなく苦労したのでその顛末を書いてみたいと思います。

通常は次のように行います。

1)旧PCのハードディスクを新PCのハードディスクに丸ごとコピー
2)新パソコンでXPをin-place upgradeする。いわゆる上書きインストール
3)新PCでXPが起動したらVistaにアップグレード
4)Vistaから7にアップグレード

しかし、てこずりました。
まず、丸ごとコピーしたハードディスクが新PCで起動しない。ハードディスクリカバリするPCだったので、ブートセクターに細工がしてあり、そこで止まってしまいます。
そこで先頭のブート用パーティーションやリカバリエリアは無視してOSのパーティーションのみのイメージを作り、それだけを新PCのハードディスクの先頭にコピー。
これで起動はできるようになりました。しかし、ハードウェアが大きく変更になったのでログオン前にライセンス認証を求められます。ライセンス認証用のプログラムが壊れているらしく、認証ができません。セーフモードではログオンできますが、Vistaへアップグレードはセーフモードではできません。かといって、ライセンス認証もセーフモードではできないようになっています。どうがんばってもこれは回避できないようです。
そこで旧PC上でVistaにアップグレードすることにしました。原本をいじりたくないので、少し大きめの作業用ハードディスクに旧PCの中身を丸ごとコピー。それで起動後Vistaにアップグレードします。Vistaはプロダクトキーを入れなくても30日間は起動できます。
このハードディスクのOSイメージのみ前述のように新PCにコピーします。これでなんとか新PCでVistaが起動できました。
VistaはSP1以上でないと7へのアップグレードができないのでSP1をインストールします。これでやっと7へアップグレードできました。

できたらXPからのアップグレードはしないで新規に7にすることをおすすめします。XPでの不具合を引き継ぐことがあるからです。しかし、XPに入れてあったソフトをそのまま使いたいとか、環境を整える手間とかを天秤にかけて、アップグレードのほうがメリットあると思ったらそちらでもいいかと思います。

LANポートのショート

あまりないとは思いますが、まれにハブのLANポートにケーブルの両端を差し込んで気がつかないことがあります。
そうなると信号が衝突してしまい、ネットワーク全体がおかしくなってしまいます。
ただ、まったくつながらないのではなく、時々つながったりするので原因を探るのにやっかいです。ネットワークが広大だと見つけ出すのに大変骨が折れます。
くれぐれもLANケーブルの両端を同じハブのポートには差し込まないように。

メールが開けない

パスワードを入れてもメールが開けないという問い合わせを時々受けます。
まずは冷静にパスワードが間違っていないかを確かめてください。
よくキーボードがテンキーモードになっていたり、CapsLockがかかっていたりするということがあります。
確認のためになにかワープロソフトやメモ帳を立ち上げ、そこで実際にパスワードを打って、目に見える形で確認してみてください。
結構なにかの拍子に押してしまったということがよくあります。

ノートパソコンが起動しない

ノートパソコンが電源は入るけど、起動途中で落ちるという症状がときどきあります。
こういうときはバッテリーが消耗しきっていることが考えられます。
バッテリーを外してACアダプタだけで起動してみてください。これで起動できればバッテリーの消耗が原因です。
バッテリーが消耗すると電気がバッテリーのほうにほとんど取られてしまい、本体のほうに十分行かないために起動することができません。
バッテリーを交換するのが一番ですが、通常1~2万円と高価なので常に電源のある場所で使っているようでしたら交換しなくてもかまいません。ただ、足を引っかけたりして一瞬でも切れてしまうと落ちますのでご注意ください。

2012年を占う

本年もよろしくお願いいたします。

パソコン業界が今年どんな年になるのか、勝手に占ってみました。
…思い浮かびません。ハードウェアはもう熟していますし、新しいテクノロジーが出てくる様子もありませんし、若干の高性能化と価格のさらなる下落しかないのでは、と思っています。ただ、タイの洪水の影響で品薄になっている関係で一部のパソコンパーツや周辺機器の価格が上がっています。それがどこまで続くかですね。
OSに関してはWindows 7の64ビット化が進むと考えています。メーカー製PCはほとんどは64ビットですので、業務用で古いソフト、周辺機器を使うのでない限り32ビットを選ぶ理由はないでしょう。
家庭向けではノートパソコンにかわりタブレットが普及するでしょう。家庭で使うパソコンって結局ネット利用がほとんどですから、電源入れてすぐに使える快適さを味わったら手放せなくなります。さらに、いままでネットをしたくても難しくてあきらめていた高齢者世代でも使えますから、その方面でも普及が進むと思います。

という、占いでも予測でもないような雑感しかかけませんでしたが、IT業界も暗中模索といったところなのでしょう。Jobsなき世界がどうなるかというのも興味があるところです。1年後はどうなっているのでしょうね。

昨日は月食でした

ファイル 50-1.jpg

夕べは皆既月食でしたが、新潟は雨で見られませんでした。
私は晴れ間を求めて県内を駆けめぐり、なんとか1枚写真の撮影に成功しました。

新潟県でただ1枚の貴重な写真…かもしれません。