記事一覧

Office Premiumで2013が2016に

長らく更新をしていませんでしたが、ようやく余裕ができてきたので時々更新したいと思います。

先日Excelのショートカットをクリックしても開かなくなった、という問い合わせを受けました。
ファイルをクリックすれば起動するのにアプリのショートカットだと開けません。調べてみたらOfficeのバージョンが2013から2016にアップグレードされていました。ショートカットを作り直したら起動するようになりました。

Office Premium(2013とか2016という年号が付かないもの)はその時々の最新バージョンにアップグレードできる権利があります。勝手にバージョンアップされることはなく、マイクロソフトアカウントにログオンして行わなければならないようですが、どうも自動でアップグレードされることがあるような気がします。上記のお客様がそういうスキルを持っているとは思えないからです。しかし2013と2016の違いって見た目も操作もほとんどわかりません。もしOfficeを使っていておかしいと思ったら勝手にバージョンアップされていないか確認してみてください。

ご注意!Office Premiumや2013をお使いの方へ

※以下の内容はOffice 2013のパッケージ版(Office Professional 2013やPersonal、単体のPowerPointなど)も含みます。
---------------------------------------------------------
最近のパソコン付属のMicrosoft Office Premiumはインストール時にMicrosoftアカウントというものに紐付けされます(2014年10月以前のパソコン付属のHome and Business、Personalを除く)。そのOfficeは永久にアカウント所有者しか使用できなくなり、パソコンの修理などで再インストールする場合も、そのアカウントでサインインすることでダウンロードができるというしくみです。

Microsoftアカウントとはマイクロソフトの個人認証システムで、このアカウントでマイクロソフトのサービスすべてを利用することができます。しかし、それらを使わず、Officeのインストールのみのために作成したというかたも多いと思います。

ここで落とし穴があります。

アカウント作成より2年間、一度もMicrosoftアカウントにサインインしない場合は自動的にアカウントが抹消してしまう

ということです。

その際、同時にOfficeのインストールもできなくなってしまうのか、それは今のところわかっていませんが、その可能性は高いと思います。そうならないために最低でも1年に一回はMicrosoftアカウントにサインインすることをお勧めします。

サインインは特になにかのサービスを利用する必要はありません。登録情報確認のためだけでもいいです。下記ページからサインインしてください。なお、サインインするパソコンは該当Officeがインストールされているパソコンでなくてもかまいません。

https://account.live.com/summarypage.aspx

サインインできたら右上のID(メールアドレス)をクリックするとサインアウトできます。これだけです。

ただソフトを使いたいだけでこういう面倒なことを要求されることにはなにか理不尽さを感じますが、時代の流れで仕方がないことなのでしょうか。

Adobeの過去ソフト

アドビのソフトで過去の体験版とかが必要になることってありませんか?
体験版と製品版は同じもので、シリアル番号を持っているか持っていないかで、永久に使えるか、30日で使えなくなるかの違いでしかありません。シリアル番号は控えてあるけど、CDをなくした、というときには便利ですし、ちょっと動作確認したい、というときにも使えます。
普通は検索で引っかかりませんが、ここです。
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/
迷宮のようですが、必要なものがあったら探してみてください。

鬼門のOffice2013インストール

Office2013が出てまもなく1年になりますが、未だにインストールのしくみがよくわかりません。プリインストール製品ならいいのですが、パッケージ製品は必ずマイクロソフトアカウントというものに登録しなければなりません。
まず、これがやっかい。携帯電話を持っていることが必須。これはパスワードを忘れたときに携帯のメール宛に解除コードを送ってくるか、携帯電話に音声で解除コードをしゃべって送ってくるためです。固定電話はだめみたいです。
登録が終わると本人確認のために登録メールアドレス宛にメールがきます。ここのリンクをクリックして完了なのですが、なかなか送ってこない。自動応答のはずなのに5~10分待たなければなりません。さらにWindows Liveメールなのにかかわらず、それが迷惑メールに分類されてしまうのがお笑いです。
まあ、とにかくインストールにはプロダクトキーを入れよ、やマイクロソフトアカウントにログインしろ、を数回やらされます。それでやっと使える状態になります。
とにかく敷居が高い。Office使うためだけにインターネット環境や携帯電話まで持っていなければだめとはなんとも不便です。
そうやってインストールしたものはマイクロソフトアカウントに紐付けされ、二度とそれを解除することはできません。ですので自分のマイクロソフトアカウントで代わりにインストールしてあげるということもできません。中古として売られないためなんでしょうね。
とにかく面倒になりました・・・

【追記】
最近のアカウント作成では携帯電話でなく、固定電話の番号も受け付けるみたいになったようです。やっぱりかなり不評だったんでしょうね。

いきなり試用版に

私はPhotoshop CS6を使っていますが、先日いきなりPhotoshop Extendedの試用版で起動し始めてしまいました。
インストールした覚えはありません。
持っている正規のシリアル番号を入れることで元のPhotoshop CS6に戻りました。
PhotoshopはExtendedも通常版も同じプログラムで、シリアル番号で判別して機能を制限してるようです。試用版も同様です。
そういう事例は他にもあるようで検索したら出てきました。
Cloudに導入しようとしているとの意見もありますが、単にトラブルのようです。

アドビ製品のライセンス認証解除

Adobe製品でライセンス認証が必要なものはアンインストールするときにライセンス認証の解除をしてあげないと次にインストールするときにインストール回数が制限を超えているという理由でインストールできないことがあります。必ず解除しましょう。

しかし、古い製品ですと解除に失敗することがあります。そのときは無視してとりあえずアンインストールします。
次にインストールする時にライセンス認証できなかったらサポートに電話をして理由を説明し解除してもらうことでインストールが可能になります。
これはハードディスククラッシュで解除できなかったときにも使えます。アドビ製品は2台までインストールできますので、権利は有効に使いましょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ