記事一覧

マイクロソフトアカウントで登録してはいけない

Windowsを最初に起動すると、普通はマイクロソフトアカウントをサインイン名にするように言われます。特にWindows 11になってからはHomeの場合、避けることができません(実はありますがそれは別項参照)。
しかし知らずにマイクロソフトアカウントで登録してしまうとデスクトップやドキュメントなどの主要な保存先がOneDriveにされてしまいます。これが無料のままだと5GBしか容量がありません。5GBなんてすぐにいっぱいになってしまいます。そうなってしまうと有料プランにせざるを得ません。まんまとマイクロソフトの罠に引っかかってしまうことになります。悔しいですね。
有料にしないのならこまめに外付けハードディスクなどにファイルを移動する方法もありますが、面倒です。いちいちやってられません。
残る方法はOneDriveアタッチされているフォルダをPC内のストレージに戻すことですが、通常の方法ではエラーが出て失敗します。これもマイクロソフトが考えてのことなのか、素人はまず直せません(直す方法はあります。難しいですが)。
最初からマイクロソフトアカウントなどで登録せず、ローカルアカウントにしておけばこんなことにはならないのですが、なにがなんでもそっちに誘導させようとするやり方には大きな疑問を感じます。
マイクロソフトアカウントでサインインしても理解しているのならともかく、いいことはひとつもありません。パソコンをセットアップするときは絶対にマイクロソフトアカウントで登録してはいけません。

F社のPCは買ってはいけない

F社のパソコンはとにかくいじりにくいです。一般ユーザーが素のままで使うのならいいかもしれませんが、カスタマイズを許しません。
機種によって違いますが、気づいたことです。

・出荷時に入っていたHDDと違う容量のHDDにはリカバリできない。
・クローンを作っても起動できない。
・パーティーションを半分ずつに分割されるが、パーティーション操作ソフトで変更をしても再起動すると元に戻される。
・自社のユーティリティソフトでパーティーションサイズを変更すると起動できなくなる。

などなど

あと、ゴミのようなおまけソフトがてんこ盛りなのも他メーカーよりも多い気がします。

ライセンス認証が失敗する場合

Windowsのライセンス認証で失敗することがあります。
その時はコマンドプロンプトで行うと成功することがあります。

【プロダクトキーの上書き】
slmgr.vbs /ipk プロダクトキー

【ライセンス認証】
slmgr.vbs /ato

他にもslmgr.vbsコマンドの使い方があるようです。

Windows 11 Homeのインストールで詰む問題

Windows 11 Homeはインストール時、何が何でもネットワークに接続していないと先に進みません。Proの場合はスキップできますが、Homeはその画面になると、ネットワーク接続しないと先にも進めないし、後にも戻れないし、詰んだ状態になります。
回避する方法はいくつかあります。ともかくネットに接続すること。もしオンボードのネットワークアダプタが認識しないのであれば、ドライバなしで使えるUSBの無線LANアダプタを射し込むだけでもその場で認識します。
では、もそもネットワーク環境がないところならどうするか、その場合は次のようにします。

ネットワーク接続画面で「Shift + F10」を押します。そうするとコマンドプロンプト画面が前面に現れます。
次に「Ctrl + Shift + Esc」を押します。そうするとタスクマネージャー画面が現れます。[taskmgr]を打っても出ます。
実行中のプロセスの中から「ネットワーク接続フロー」を探し、「タスクの終終了」ボタンを押して停止します。
タスクマネージャーとコマンドプロンプトのウィンドウを閉じるとネットワーク接続画面がスキップされ、名前の入力画面になっています。ここでローカルアカウントの名前を入力し先に進むことができます。
なお、コマンドプロンプト画面はタスクマネージャー画面を前面に出すために使っただけで、ここでは利用しません。もしタスクマネージャー画面が前面に出ないときは「Alt + Tab」キーで切り替えます。

巧みな

ファイル 170-1.jpg

こんなメルが届きました。

ジャックスカドは持っていません。明らかにフィッシングです。
メルのURLをクリックしてみました。
ちゃんとジャックスのサイトにびます。
HTMLメルなので、HTML形式で表示させてクリックしたらエラになります。
URLのショトカットをると
http://jaccs_co_jp_service_tranid_jalg00001_00m/
なんですか、これは。
表示しているURLのテキストとリンク先をえることができるのですね。
自分が本当に使っているクレジットカドならだまされそうですが、基本、こちらからアクションしたのではないお金のメルは全部することにしています。


リモトでサバのパスワド更

自分のための忘です。
Windows serverでクライアントPCにて「Ctrl」+「Alt」+「DEL」キで「パスワドの更」ログオン先を「サバ名\ユザ名」 にしてパスワド更ができるはずですが、できないとき、下の操作をします。

ロカルポリシ「secpol」に
「ネットワクアクセス:リモトからアクセスできる名前付きパイプ」に「SAMR 」※グルプポリシ「gpedit.msi」にも必要かも

以下レジストリを追加
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
定 RestrictRemoteSamAuditOnlyMode
デタの REG_DWORD
1

Windowsファイアウォルを化※不要かも

これでできるようになりました。


だまされたフリ

ファイル 168-1.jpg

フィッシングと思われるメルが届きました。
一そっくりですが、基本はこちらからアクションしないのに、パスワドとか、登情を入れろ、とかはに言ってきません。
これ、えておいてください。
だまされたフリしてめちゃくちゃな情入れて送りました。
そもそも存在しないIDとパスワドで入れちゃうのがおかしいです。
みなさんはあまりしないほうがいいです。そういうメルは速攻で消してしまいましょう。

結構便利なサイト

久しぶりの更新です。
結構便利なサイトを見つけたので載せておきます。

https://www.pro.logitec.co.jp/about_hdd/hddssd/index.html

私の常日頃疑問に思っていること、みなさんにお伝えしたいことがまとまってわかりやすく書いてあります。

Windows 10でNASに接続できない

Windows 10のパソコンを導入したらNASに接続できなくなった、という事例が見受けられます。
これはWindows 10からSMB1プロトコルが無効になっていることから起こっている現象のようです。
「コントロールパネル」の「プログラムと機能」より、「Windowsの機能の有効化または無効化」を開きます。
「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」より、「SMB 1.0/CIFS Client」のチェックを入れます。
再起動するとNASに接続できるようになります。

Windows 10 ダウンロドフォルダがグルプ化

Windows 10を1903にアップグレドしたらダウンロドフォルダが今日、昨日、とかにグルプ分けされてしまいました。
非常に使いにくいのでなんとかできないかと思ったら、表示メニュにある、「グルプ化」をなしにすることで解できました。本来どのフォルダにもわっている能のようですが、ダウンロドフォルダだけデフォルトでオンにされているようです。
たぶん困っている人たくさんいると思います。まったく余なことしてくれます。

スパコピ2019新作通
大人スパコピ 店,2019新作ブランドコピレプリカなどの世界クラスのブランドコピ新作は日本国内での送料が料になります、
最高ブランドスパコピN品は品3年保で。


オメガ スパコピ
パネライ スパコピ
フランクミュラ スパコピ
リシャルミル スパコピ
ブライトリング スパコピ
オデマピゲ スパコピ
ロジェデュブイ スパコピ

ヴィトン シュプリム 布 物

ページ移動