記事一覧

コマンドプロンプトでユーザー作成

ユーザープロファイル破損などでログオンできないことがあります。そういう時はコマンドプロンプトから新しいユーザーを作成します。

net user test /add(testは任意のユーザー名)

net localgroup administrators test /add

shutdown -r -t 0

Windows 10への強制アップデートを停止する

Windows 10に強制的にされてしまったら1ヶ月以内でしたら元のOSに戻すことができます。

左下のスタートメニューを押し、「設定」を選びます。
「更新とセキュリティ」を押します。
左に「回復」がありますのでそれを開きます。
「Windows 7(または8.1)に戻す」という項目がありますので「開始する」のボタンを押します。
後は指示に従ってください。
約30分~1時間で元のOSに戻り、Windows 10になる直前の状態になってると思います。
一部プリンタドライバなどを再インストールする必要があるとの報告もありますので少し様子をみてください。

今後強制的にアップデートされたくない、という場合は以下のようにして停止することができます。ただし上級者向けですので十分お気をつけください。

スタートメニューのすべてのプログラムのアクセサリの中に「コマンドプロンプト」があります。これをマウスで右クリック、「管理者として実行」を選びます。
下記テキストを選択してコピーしてください。
※reg addとHKEYはスペース一つでつながっています。ブラウザによっては改行して見えますが、すべて選択してください。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Gwx /v "DisableGwx" /t REG_DWORD /d 00000001 /f

コマンドプロンプトのカーソル位置に右クリックして貼り付けを選びます。
Enterキーでこのコマンドを実行します。「この操作を正しく終了しました」とでたらOKです。

もう一つ、下記のテキストも同じようにコピーして貼り付けて実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f

コマンドプロンプトを閉じ、再起動します。これでWindows 10には勝手にアップグレードしない・・・はずです。
「はず」と書いたのはマイクロソフトがこの操作を無効にしてくる可能性もあるからです。しばらく様子を見てみましょう。

さらに凶悪に

この数日間、Windows 10になってしまった、という問い合わせの数がすごいです。
とうとうユーザーに選択を与えず、勝手にこっそりといつの間にかさせてしまうという作戦に出たようです。
業務上なっては困るという人も多いのに威力業務妨害としか思えません。問い合わせのために時間を取られ、場合によっては出向くという、そのコストをマイクロソフトに請求したいくらいです。

Windows 10にすべきか

Windows 10への無償アップグレード期間は7月31日で終わります。それまでにアップグレードすべきか、すべきでないか迷うところです。
以下の人はしないほうがいいです。
・トラブルにより仕事に差し支える人
・トラブルを自分で解決できる自信がない人
・変化を好まない人
・2020年までにパソコンを買い換える予定の人

以下の人はしたほうがいいです。
・新しもの好きな人
・趣味のパソコンなのでちょっと使えなくなっても困らない人
・使えなくなる機能やソフトがあっても後悔しない人
・変化に対応できる人
・2020年以降も今のパソコンを使い続ける人

それから、無料期間終了後は自作パソコンなどでマザーボードなど大きな部品交換には注意が必要です。交換すると再度ライセンス認証を求められますが、無料期間終了後はWindows 7/8/8.1のプロダクトキーで認証できなくなります。そうするとWindows 10をお金を出して買うか、元のOSに戻すしかなくなります。ただ、再インストールに関しては問題ありません。Windows 7/8/8.1のプロダクトキーはハードに紐つけられていますので終了後でもライセンス認証は通ります。ですので、今はしたくないけど将来する可能性がある人はアップグレードしておいてすぐに元のOSに戻せばいいです。1ヶ月以内なら直前の状態に戻せます。

定例アップデート日

毎月二週目の水曜日以降に、Windowsの調子がおかしくなった、という問い合わせが多くあります。
なぜ第二水曜日かというと、マイクロソフトのアップデートがまとめて行われるのが第二火曜日だからです。
あんまりこまめにアップデートがあると供給する側もされる側も煩わしいからでしょう。特に緊急のもの以外は月一にまとめたようです。
今日もWindows 7のアップデートが18個くらいありました。トラブルがなければいいのですけど。

Office Premiumで2013が2016に

長らく更新をしていませんでしたが、ようやく余裕ができてきたので時々更新したいと思います。

先日Excelのショートカットをクリックしても開かなくなった、という問い合わせを受けました。
ファイルをクリックすれば起動するのにアプリのショートカットだと開けません。調べてみたらOfficeのバージョンが2013から2016にアップグレードされていました。ショートカットを作り直したら起動するようになりました。

Office Premium(2013とか2016という年号が付かないもの)はその時々の最新バージョンにアップグレードできる権利があります。勝手にバージョンアップされることはなく、マイクロソフトアカウントにログオンして行わなければならないようですが、どうも自動でアップグレードされることがあるような気がします。上記のお客様がそういうスキルを持っているとは思えないからです。しかし2013と2016の違いって見た目も操作もほとんどわかりません。もしOfficeを使っていておかしいと思ったら勝手にバージョンアップされていないか確認してみてください。

うちにも来た詐欺メール

今朝こんなメールが届きました。一部伏せ字にしてあります。

----------------------------------------------------------
題名:警告 和解手続き代行調査機関でございます。
発信者:警告

弊社は調査業務、情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関でございます。

本日ご連絡致しましたのは、
現在貴方がご契約されているインターネット有料コンテンツ提供サービス会社からの
再三の通告を放置し、利用料金等を長期延滞している事に対して、
同社が起訴準備期間に入った事を報告致します。

この通知を最終通告と致しますので、
本日、当社営業時間までにご連絡が無い場合、
管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行され、
記載期日に指定裁判所へ出廷となります。

尚、裁判を欠席されますと、相手方の言い分通りの判決が出され、
執行官立ち会いのもと、給料、財産、不動産、有価証券等の差押えを含めた
強制執行となりますので、ご注意下さい。

弊社は、今回運営会社様より和解等の最終判断を委託されましたので、
双方にとってより良い解決に向かうためのご相談に乗らせて頂きます。

本日弊社営業時間までに早急にお電話にてご相談ください。

最近個人情報を悪用する業者の手口も見受けられますので、
万が一身に覚えのない場合でも、早急にご連絡ください。

※時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、
その際は恐れ入りますが、再度お掛け直し頂きますようお願い致します。

尚、メールでの返答には対応しておりません。ご了承下さい。


~~お問い合わせ先~~
株式会社中央ビジネスパートナー
【担当】高田・松下
【電話番号】:**-****-*****
【営業時間】午前10:00~午後19:00

以上
-----------------------------------------------------------

よく聞く詐欺メールです。題名も発信者も怪しさ満点。
私はなんの驚きもせず、普通にゴミ箱に入れましたが、こういうのに反応して電話かけてしまう人っているのでしょうか。今朝のテレビでもやっていましたが、裁判とか、逮捕とかという言葉がそんなに恐ろしいのでしょうかね。
とにかくこういうのは反応したらその時点で負けです。反応しないうちはまだ罠にかかった訳ではありません。返信するとか、電話かけた時点でしっかりカモになってしまい、逃れることは大変になります。メールは来なかったことにして捨ててください。電話が来ても会話に持って行く前にこちらから切ってしまう。かけ直されても出ない。これが一番です。ちなみに我が家では0120で始まる電話には一切でません。そのほかの電話でも話を聞いて変と思ったら即切ります。相手に失礼とかいう感情を持ってはいけません。向こうが何倍も失礼な電話をしているのですから。

Office 2016のアカデミック版は買えない?

いつの間にかOffice 2016が発売されています。お客さまからアカデミック版購入の問い合わせがあったので調べてみました。

今回のバージョンより従来のパッケージ販売がなくなっています。ダウンロード版かPOSA版というものになりました。POSAとはコンビニにある、AmazonギフトカードやiTunesカードのようなスクラッチ(銀はがし)カードで、そこに書いてあるプロダクトキーで認証するしくみです。Office 2013もCDが付属せず、プロダクトキーのみの販売でしたがどこが違うのかと思ったら、プロダクトキーそのものは店頭に並んでいるときは有効になっておらず、レジを通したときに初めて有効化されるしくみになっているようです(なるほど、簡単に万引きできそうに思いましたが、レジを通さなければただの紙切れですのでいくら盗まれようと痛くもないわけですね)。そのためにその特殊なレジを持っている大手量販店以外は売ることができなくなっています。通販でも扱えず、うちのような販売店でも卸してもらうことはできません。

では、公費で買うにはどうしたらいいか。アカデミック版の購入には学生か教職員であることの証明書を提示しなければなりません。そのためにうちが代行して量販店から買うことはできません(同じ理由でアカデミック版のみダウンロード版も存在しません)。教職員であるお客さま自身で立て替え払いで購入はできると思います。しかし、そういう身分証明書みたいなものが発行されていない場合は買うことができません。新潟大学では発行していないと聞きます。つまりどのような手段を使ってもOffice 2016のアカデミック版は購入できない、ということになります。将来的には生協で例外的に扱うようになるかもしれませんが、それは今のところわかりません。


新しいOfficeを使うには次の方法しかないと思います。


1.最初からOfficeがプリインストールされたパソコンを買う

2.高くてもしかたがないので通常版を買う

3.オープンライセンスで買う(ただし最低3本から)


1.はちょうどパソコン新規購入とタイミングが合えばベストです。

2.はアカデミック版よりも1万円くらい高くなります。ちなみにAccessが付くProfessional版はさらに高くなります。

3.は1本あたりに直すと割安です。初めから3台のパソコンに入れようとしている人や、同じ部局の人と分け合うのでしたらお勧めです(違う部局とで分けるのはライセンス違反)。


アドビもマイクロソフトもこんな感じでだんだん公費販売がしにくくなっています。買う人は大幅に減ると思います。結構大きなマーケットだと思うのですが、アメリカ企業ってこういう日本の商習慣を考えてはくれないのですね。

Windows 10にアップグレード

ファイル 128-1.jpg

ようやくWindows 10へのアップグレードが出来るようになりました。
アップグレードの仕方は簡単。予約をしてあればアップグレードが可能になりました、の通知が現れます。後はクリックで進めていくだけ。所要時間は約1時間くらいです。
かなりさくさく動きます。Windows 8よりも快適かもしれません。スタートメニューが復活しました。Windows 8にあったMetro(タブレットに表示するタイル上の画面)はなくなりしましたが、スタートメニューを開くとそれのミニ版が現れます。どうしてもこれは残したかったみたいですね。電源の切り方も迷うことはなくなりました。これだけでも進歩だと思います。
最初戸惑うのはInternetExplorerが見当たらないこと、Edgeブラウザというのが前面に出ていますが、少し使いづらい。慣れかもしれませんが、銀行系のサイトに入るのにも少し不安があるのでIEを使いたいところです。これは表に出ていないだけでちゃんと入っています。「WebとWindowsを検索」のボックスにIEと打ち込みます。すぐに見慣れたIEのアイコンが現れますので右クリックでタスクバーにピン留めをします。
まだ使って数日ですが、今のところWindows 8で使えていたソフトや周辺機器が使えなくなったものはありません。かなり高い互換性があると思います。Windows 7より快適で、Windows 8より使いやすい。いずれは移行しなければならない運命ですので折りを見てアップグレードしてみてはいかがでしょう。なお、アップグレードに失敗しても元のOSに戻せますのでご安心ください。

Windows 10の販売法

いよいよ明日Windows 10のアップグレードが始まります。
どうなるかまだわかりませんが、たぶん予約をされている方には自動的にダウンロードが開始されると思います。
ところで、Windows 10をパッケージで買えるかどうかですが、今のところ店頭向けのパッケージ販売はされないようです。まあ、Windows 7以降をインストールしているのであれば無料でインストールできるのですからわざわざお金を出して買う必要はないです。
新規パソコンについてはDSP版がパソコンパーツと抱き合わせで販売されます。Windows 7の後期やWindows 8/8.1では単独で購入できましたがまた再び戻ったという感じです。つまり、今度は永久にパソコンとOSが完全に紐付けされるということですね。
なお、Windowsは今後新しいバージョンが出るということはなくなります。常にアップデートだけでつないでいくことになります。