記事一覧

Win8にスタートメニュー

OSをカスタマイズするユーティリティのたぐいが嫌いな私としてはずっとWindows8をノーマルのままで使ってきましたが、ついに耐えきれずスタートメニューを復活させました。
数ある中で私が選んだのは「StartMenu8」

http://jp.iobit.com/free/startmenu8.html

非常に便利。Windows8は起動も速く、十分満足なのですが、スタートメニューがないだけが唯一不便でした。しかしこれでWindows7と変わらない操作ができるのでとても快適です。
これがあれば今後はWindows7を強く勧める必要はなさそうです。
MSが買い取って次期サービスパックに標準で組み込んでもらえないでしょうか。

Windows8のパーティーション削除

Windows8では回復パーティーションなどの隠しパーティーションが存在します。これは通常のディスクの管理からは削除できません。
削除するために「diskpart」コマンドを使います。

コマンドプロンプトより「diskpart」を実行します。
「list disk」でディスク番号を確認
「sekect disk #」で削除したいディスクを指定
「list partition」でパーティーション番号を確認
「select partition #」で削除したいパーティーションを指定
「delete partition override」で削除
これを繰り返してすべてのパーティーションを削除します。

Windows Server 2012のライセンス認証

今、Windows Server 2012をいじっていますが、なかなか謎の多いOSです。

インストール時にプロダクトキーを聞いてきません。
終わってからプロダクトキーを入れようとしましたが、入力欄がありません。ライセンス認証もできません。
検索してみましたらこういうことだそうです。

「ファイル名を指定して実行」で「slui.exe 0x3」を実行

これでプロダクトキーが入力できます。
ちなみにこのワザはWindows8でもできます。
後からプロダクトキーを変えたいときに有効です。

小惑星通過

ファイル 86-1.jpg

今朝、小惑星2012DA14が地球のごく近くを通過しました。気象衛星ひまわりよりも近いところを通過するのはとても珍しいことです。
これはぜひ写真に撮りたいと、雪と強風の中を撮影に出かけました。
運良く雲の切れ間から数枚を撮ることができました。

Office 2013が発売になりました

本日7日よりOffice2013が発売になりました。
早速うちに入荷してきましたが、箱が小さいです。
見るとメディアレス。
インストール用DVDがなく、プロダクトキーのみが入っているだけのようです。ソフトはダウンロードしろということのようです。
ならば値段を下げてくれてもよさそうなものですが、値段はそのまま。ちょっと理不尽ですね。
メディアは別途販売するそうですが、今のところ価格や入手方法は不明です。

Office 2013発売日決定

Officeの次期バージョン2013の発売日が決定しました。

2月7日です。

価格は現行の2010と変わりない模様。

今Officeが欲しい方は待っても結構ですが、2010を購入しても2013への無料アップグレードができますので安心です。むしろどちらかを選択できるのでお得かもしれません。

ちなみに2013はWindows7/8のみ対応です。XP/Vistaでは動作しませんのでご注意ください。

今Officeを買おう

時期バージョンMicrosoft Office 2013がまもなく発売になります。
いつかはまだ未定ですが、それでOfficeを買うのを躊躇している方は今すぐ2010バージョンを買ってください。
2013へ無償アップグレードできます。
こちらをご覧ください。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013offer/default.aspx

期間中に2010をインストールし、ライセンス認証をします。
上記サイトより申し込みをします。
2013発売後、マイクロソフトより案内のメールが届きます。
期間中にインストールした2010のプロダクトキーを入力します。
それにより2013がダウンロードでき、プロダクトキーが発行されます。
なお、2010をライセンス認証した日付が記録されていますので、対象期間を外れてライセンス認証したものは無効ですのでご注意ください。

CS2がダウンロード自由?

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

なにやらAdobeが騒々しくなっているようです。
なんでもCS2バージョンがダウンロード自由になっていて、シリアル番号も公開されていて、アクティベーションしなくても使えるようになっているようです。

ただし、アクティベーションサーバー停止に伴う正規ユーザーへの対応であり、誰でも自由に使えるようにしているわけではないとのことですので、気楽に使わないほうがいいと思います。不正コピーになるそうです。

とはいえ、正規ユーザーと非正規ユーザーを区別する方法はどうやるのでしょう…

プロダクトキー

Windows8はインストール時途中で必ずプロダクトキーを入れなければならなくなりました。Windows7のようにとりあえず入れないであとから入れるということができないのでテストの時不便です。
それからプロダクトキーのラベルが小さくなり文字も見えにくくなっています。まじめに虫眼鏡がないとできません。特に8とBが非常に判別しづらい。
Windows7くらいに少しゆるめにしてくれてもいいと思うのですが。

セーフモードで起動するには

Windows8では起動時にいわゆるF8キーでセーフモードから起動することができなくなりました。ただ、不具合があったときにはセーフモードに入ることができるメニューが自動的に出ます。
では、意図的にセーフモードで起動したいときはどうするか。

画面右隅から[「設定」を開く
「PC 設定の変更」→「全般」→「PCの起動をカスタマイズする」→「今すぐ再起動する」
「トラブルシューティング」→「詳細設定オプション」→「Windowsのスタートアップ設定」を選択
「再起動」
再起動したら「セーフモード」を選択

しかし面倒。そもそも起動しないなどのトラブルの時にセーフモードを試してみたいのにこれではあまり意味がないような。
Windows8では人がコンピュータをいじるようなことはなるべく避けさせようとしているような気がします。